精神的な面が

前回はベッドの件について書きましたが、

それについて見てみると

やっぱ肌触りがとても良い素材を使っていると思いました.

例えば、同じようにねていても夏場ならひんやりと感じるものがよいと思いますし、

冬場の場合なら体温をしっかりと維持してくれるような素材を使っていました.

ちょっとしたことなのですが、寝返りを打つタイミングなども眠気の妨げになったりもしくは

眠気をうまく調整してくれたりする役割があると思います.

そういった点でも寝苦しくて寝返り打つのではなく、

あくまで心地よさげに寝返りをうつようにしたいものです.

それを考えた時にやはり生地などもとても大切な要素であるということが確認できました.

次に硬さです.ベッドがいかにかたいかもしくはいかにやわらかいかはその使うひとによって違ってくると思います.

私の場合は少しやわらかめの方がいいのですが、かといって余りにもやわらかすぎると沈んでしまいますので、

ねた気がしません.

人それぞれによって違いますので、チェックしていく必要がありますよね.

こういうのが面白いなと思います.いろいろなやりかtで見ていくと楽しいなと思います.

ふと思ったのですがこういう楽しさこそが実は快眠に繋がるのではないかと思うのです.

素材とか材質とか、そういった点ももちろん大事なのですが、

要はそういった遊び所をいかに持てるかということが睡眠にとってとても大切な要素です。

つまり精神的なことというのが、一番左右される面ではないかとつくづく思うのです。