寝具の大切さ。

実家から帰ってきたらまず最初に自分でやらなきゃいけないことは何かというと、布団をとにかく綺麗にするということ。

起立性調節障害であるかどうかの判断はお医者さんに任せますが、まずは自分からかえていこうかなと思っています。

布団もまくらもすべてあるのですが、やっぱり良い眠りにするためには、これらのグッズは欠かせないです。

これをしっかりと良いものにすることにより、眠りの導入を良くしたりもしくは朝起きられるようにしなければいけないなと考えています。

そのスーパーに行ってもろくなものが売っていなかったので、お金はかかるのですが、高級デパートや百貨店などで行っていろいろと専門店などかけずり回った結果、素晴らしい枕と布団を手にすることができました。

かなりお金がかかったのが大学生にとっては非常に痛いところですが、眠りの質ほど大事なものはないと思ったので、しっかりと購入しました。

このおかげか、環境を整えたことでかなり改善されたような気がします。

朝おきれなかった私がゆっくりとではありますが、起きれるようになりました。

徐々に徐々に改善されていくことを願っている今日この頃です。

先生いわく、徐々に徐々に治っていくということですから。

私には多分実感はないのでしょう。

おまく起きられるようになったという感覚でうまく改善されてきたんだってことがわかってくるのでしょうね。

その時が来るのが楽しみです。うまくいけばいいのだけど。